お役立ちコラムCOLUMN

2020.05.15

プロが教える!あなたに似合うメガネの選び方

「私ってメガネ似合わないんです…」って思っている人、多いですよね。でも、今はメガネのバリエーションはとっても豊富。きっとあなたに似合うメガネがあります。

では皆さん、『似合うメガネの選び方』ってご存知ですか?

メガネのイタガキのスタッフも活用している『自分の顔』と『選ぶメガネの種類』を知るだけで、メガネ選びがグーンと楽しくなります。ぜひご参考にしてください。

まず「顔」の範囲を正しく把握しましょう

まず、顔の定義を知りましょう。簡単に言うと「顔」とは、「眉毛からあご先まで」を指します。

「えっ?おでこは、顔じゃないの??」という声が聞こえてきそうですが、おでこは「頭部」に属します。

例えば、サッカーでおでこでシュートすることを『ヘディング(ヘッドing)』といいますよね。

 

定義的には、「おでこ」は『頭』なのです。

自分の顔を厳しく判断しましょう。あなたの顔は何型ですか?

顔の範囲がわかれば、次は、自分がどんな顔型かを把握しましょう。

 

似合うメガネ選びなら、大雑把に4種類に分ければ大丈夫です。

 

顔の「長さ」と「幅」を比べどちらが長いか、肉付があるかの視点で判断しましょう。

b:顔の長さ<顔の幅 ほっそり → 小顔、三角顔
b:顔の長さ<顔の幅 ふっくら → 面長
c:顔の長さ<顔の幅 ほっそり → 丸顔
d:顔の長さ<顔の幅 ふっくら → 大きい顔、四角顔

第三者目線で判断することが、似合うメガネ選びのポイントにもなります。

 

どなたかに、「私の顔って上記の何型?」と訪ねてもいいでしょう。ご自分で判断する場合でも、素直に見たままに判断しましょう。

「顔」の長さの1/3弱に収まるメガネを選ぶことがベスト

顔の種類に限らず「顔」の長さの1/3弱に収まるメガネが似合うメガネの基本です。

 

細いメガネが流行ったときは「1/3弱弱がおしゃれ」という時代もありました。

ですが、ここ10年~15年ほどは、クラシカルでややレトロなデザインが流行っています。

 

この流行から判断すると、今は1/3~1/3弱くらいのサイズがよいのではないでしょうか。

ます、メガネの上下の高さがここに収まるメガネを選びましょう。

あなたの顔型に合うおススメフレーム

小顔、三角顔のあなたは、『フチなし』『オーバル』フレームがオススメ。

顔の長さが顔の幅よりも大きく、しかもほっそり顔のあなたは「小顔」「三角顔」。

 

そんなシャープな顔のあなたには「フチなしフレーム」または「オーバルタイプ」のメガネがオススメです。

 

小顔、三角顔は、メガネが強調されやすくなります。ですから太めのフレームを選ぶよりも細身の方ががおすすめです。さらに小ぶりなフレームを選ぶことで、顔全体のバランスがよくなりますね。

面長のあなたは、錯視効果のある『フルリムフレーム』がオススメ。

顔の長さが顔の幅よりも大きく、そしてふっくら顔のあなたは「面長」。そんなあなたには縦長な印象をしてく抑えてくれる天地幅のある「フルリムフレーム」がおすすめです。

 

最近の流行ですと「ウェリントンタイプ」などです。その一方で、ーフリムタイプなどの縦の長さを強調してしまうメガネはおすすめしません。

丸顔には、縦の長さを強調する『ナイロールフレーム』がオススメ。

丸顔タイプの方には「ナイロールフレーム」をおすすめします。これは縦の長さを強調するので、シュッとした印象になります。

シェイプは、「スクエアタイプ」のメガネがよろしいかと思います。角のあるフレームをお選びいただくことでフェイスラインがスッキリしますよ

大きい顔、四角顔には、面積を打ち消す『プラスチックフレーム』がオススメ。

大きい顔、四角顔には、顔の面積を打ち消してくれる「プラスチックフレーム」などが、おすすめです。

 

さらに、優しい印象をプラスしてくれる「ボストンタイプ」のメガネがよいのではないでしょうか。

できるだけ縦幅が深く、太めのフレームを選ぶことで引き締まった印象を与えることができますね。

ほかにも抑えたい似合うメガネのポイントがあります。

ほかにも、「メガネのトップリムと眉毛の関係」や、「目の中心とメガネレンズの中心を近づける」など、似合うメガネのポイントがあります。

実際には、人のお顔のカタチはそれぞれ。

あと、どうしても気に入ったフレームがあって、それを選びたいなど、皆さんのご希望があると思います。

 

そこで、大切なのは、「メガネフレームの種類の多さ」。

 

メガネのイタガキは、国内国外の人気ブランド、定番ブランドなど、地域を代表する品揃えをご用意しています。

ぜひ、お近くのメガネのイタガキで、実際にメガネを手にとってお掛けになってみてください。きっとあなたにベストのメガネが見つかるはずです。

この記事を書いた人

著者テスト

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト