お役立ちコラムCOLUMN

2021.01.13

「補聴器のレンタル」は、ゼッタイに活用すべし!

 イタガキでは、補聴器のご購入を検討中の方に、必ず「試聴」をしていただいています。補聴器は、いくらお求めになりやすくなったとはいえ、やはり数万円はする高価なもの。数千円で買える集音器と違って、お客様もご購入には慎重になりますよね。


 ですから、「試聴」はとても大事。
 イタガキとお客様のお互いの信頼関係のためにも、ぜったい必要です。


 そこでイタガキでは、一定期間、補聴器を貸し出し、「試聴」していただける「レンタル制度」をご用意しています。
イタガキの「レンタル制度」には、お客様のご要望によって、いくつかの種類がございます。このコラムでは、イタガキでご用意している「レンタル制度」のプランを一つずつご説明したいと思います。

なぜ「試聴」が大事なのか。

 

イタガキでご用意している「レンタル制度」のプランをご説明するその前に、補聴器を店頭で「試聴」する意味、「レンタル制度」を利用してご自分の生活環境で「試聴」することの意味ってなんでしょう?

 

実は、5つの意味があります。

 

 

  1.  補聴器を使用できるかどうかを判断するため。
  2.  補聴器を装用することで、適した補聴効果が得られるか確認するため。
  3.  どちらの耳に装用すべきか、もしくは両耳に装用すべきか判断するため。
  4.  メーカーや機種によって音質が異なるのでどの機種が自分に合うか参考にするため。
  5.  補聴器の電池交換やスイッチボタンの操作の練習のため。

 

基本はこの5つを、実際の生活の中で補聴器を使ってみることで、自分に合った最適な補聴器をお選びいただくために「試聴」していただきます。

 

他にも挙げられるポイントがあるかもしれませんが、あくまで基本は、この5つ。ぜひ、この5つのポイントを意識して「試聴」してみてください。

 

それでは、イタガキの「補聴器レンタル制度」についてご紹介いたします。

 

3つの「補聴器レンタル制度」

 

イタガキでは、3つの「補聴器レンタル制度」がございます。

 

「試聴」も「レンタル」も、お客様によって、形状や種類、予算、レンタルしたい期間など、希望や要望は異なります。

 

イタガキでは様々なご希望に添えるよう、無料のレンタルプランや長期のレンタルプランなど、お客様のニーズに合わせて対応いたします。

無料 貸し出し

※画像はイメージです

 

1つ目の「無償貸出し」。

 

 

こちらは主に、補聴器の修理・点検でお預かりしなくてはならなくなった時に短期間ご利用になられる方が多いレンタルです。

補聴器の修理・点検で製造元に補聴器を送らなくてはならない場合だと、約10日~2週間と長い時間がかかる場合が多く、その間、難聴の方などには、たいへん不便を強いてしまいます。

そのようなことにならないようメガネのイタガキでは、ご希望のお客様すべてに、この「無償貸出し」を行っております。

 

 

ただし、制約がございます。

 

「耳あな型補聴器」をお使いの方でも、無償貸出し補聴器は「耳かけ型補聴器」とさせていただいております。

また、お預りした補聴器と補聴器の種類・グレードが、ほとんどの場合、異なるという点です。

さらに、メーカーカタログに掲載されているいわゆる「現行モデル」は大変申し訳ありませんが、貸出しは行っておりません。

 

 

ですから、「無償貸出し」の補聴器は少々古いタイプとなってしまうことが多いです。この点、ぜひご理解いただければと思います。

 

 

もちろん修理・点検ではなく、「自宅で試しに使ってみたい」というご要望にもお応えいたします。ただ、このケースにおきましても、お客様が補聴器の種類を指定することはできません。こちらも先に書きましたようにカタログに掲載されていない少々古いシリーズの補聴器となります。

 

 

購入を検討している場合で、「どの補聴器にしようか?」「どのグレードにしようか?」という段階の方には、この「無償貸し出し」制度は、不向きともいえます。

その場合は、この後に説明する「有料レンタル」を参考にしていただければと思います。

【メリット】

  • 無料で補聴器を試せる
  • すぐに借りることができる

 

【デメリット】

  • 耳かけ型補聴器しかない
  • 購入を検討している補聴器を借りることができない
  • 少し古い補聴器しかない
  • 試せる期間が短い

2週間 有料レンタル

※画像はイメージです

 

2つ目の「2週間有料レンタル」についてご説明いたします。

 

 

こちらは「試聴」でも2週間という一定の時間をかけて、補聴器をお使いになるであろう生活環境下でお使いいただけることが大きなメリットです。

 

 2週間のレンタル料金は補聴器1台3,000円(税込3,300円)です。

 

この「2週間レンタル制度」では補聴器メーカーで所有しているレンタル用補聴器を取り寄せてお使いいただきます。

受付、補聴器選定、補聴器の音出力調整のための聴力測定、補聴器の調整は、私どものメガネのイタガキ各店で行います。

 

 

例えば、補聴器メーカーの「GNヒアリングジャパン」では、インターネットを使用してオンラインで申し込み、お客様がお住まいの最寄りの店舗を紹介するということも行っていますが、結局は店舗へ出向き、補聴器の選定や、補聴器の調整のため聴力測定をする必要があります。

 

この「2週間の有料レンタル」の最大の利点は、試してみたい好きな補聴器を指定してレンタルできることです。

残念ながら、耳型を採取して形を作る「オーダーメイドの耳あな型補聴器」のレンタルはありませんが、「耳かけ型補聴器」の場合、購入を検討している補聴器のグレード別比較や、補聴器メーカーを変えてレンタルをすれば、メーカーの違いによる補聴器の音質や音色、機能の違いも比較することが可能です。

 

 

補聴器メーカーの「シグニア(旧称シーメンス)補聴器」では、オーダーメイドではありませんが、「既製 耳あな型補聴器」のレンタルも行っています。「耳あな型補聴器ってどういった感じなの?」「耳あな型補聴器ってマスクの邪魔にならないって聞いたけど試してみたい。」という方にはぜひご利用いただければと思います。

 

 

オーダーメイドの「耳あな型補聴器」を希望している方でも、補聴器のシリーズ別による音の違いやグレードによる機能の差を体験できるというのは大きなメリットです。

一方、デメリットとして、少々時間がかかるという点が挙げられます。

 

 

2週間有料レンタルの流れとして、

 

  1.  店頭で受付・聴こえについてのヒアリング
  2.  補聴器調整のための聴力測定
  3.  補聴器の種類選定
  4.  補聴器メーカーへレンタル希望の補聴器の在庫があるか問い合わせ
  5.  「在庫あり」なら取り寄せ(在庫なしの場合は、お待ちいただく 違う補聴器を選びなおす)
  6.  後日メガネのイタガキの店頭にてお渡し

 

という流れになります。

 

 

レンタル補聴器がお客様のお手元に届くまで、1日~長い場合5日かかってしまうこともございます。

ご購入を検討されてのレンタルご利用の際は、補聴器を装用から1週間くらいでお使いになった感想をお聞きし、音の調整をしても良いでしょう。補聴器は『音を作り上げていくもの』ですから、借りっぱなしにしないことをおすすめいたします。

【メリット】

  • 試してみたい補聴器をレンタルできる
  • 既製であれば耳あな型補聴器も選べる
  • メガネのイタガキ全店でお受け取り可能

 

【デメリット】

  • オーダーメイド耳あな型補聴器は試せない
  • 申込からレンタル開始まで時間がかかる

最長1年のレンタル

※ 画像はイメージです

 

最後は3つ目の「最長1年のレンタル」についてです。

 

 

こちらは、イタガキ独自の制度で、「既製 耳あな型補聴器」をレンタルしています。 他の補聴器店ではあまり見られないイタガキならではの制度ですので、ぜひご検討ください。

 

この「最長1年のレンタル」制度は、まだスタートしたばかりのため、一部の特定店舗で実施しております。

現在この最長1年のレンタルを実施しているのは、群馬県の富岡本店・榛名店・グランド伊勢崎店・伊勢崎西友楽市店・吉岡店、埼玉県の本庄店の計6店舗です。

 

 

 

 

 

「マスク生活」と補聴器

 

では、その「最長1年のレンタル」の内容について詳しくご説明いたします。

 

 

このレンタルを始めたきっかけは、新型コロナウイルス感染拡大により『マスク生活』が当たり前になってしまったことです。

 

イタガキは、メガネと補聴器の販売店ですから、「メガネをかけて、補聴器も着用している」というが多くいらっしゃいます。

補聴器を使用しているほとんどの方が、「メガネと補聴器とマスクで大変」「補聴器が外れやすくなった」「順番は何を最初に着けたらいいの?」などと、何かしらの心配ごとがあったり、不便な思いをしているというご様子でした。

 

 

補聴器メーカーからは「マスクの着用が当たり前になり、マスクのジャマにならない『耳あな型の補聴器』の需要が高まっている」と聞いていましたが、まだ補聴器を購入して1、2年の方に「マスクの邪魔にならない『耳あな型補聴器』にしませんか?」とは言いにくいのが正直なところです。

 

 

そんなことから、

 

買い替えなくても、「『今だけ』使えればいい」のならレンタルでいいんじゃないか?

 

これなら購入して間もないお客様も「気軽にお試し」がしやすいな。

 

 

と思ったのが、この「最長1年間のレンタル」制度をイタガキが始めたきっかけです。

 

 

 

はじめての「耳あな型補聴器」体験にもピッタリ

 

もちろん初めての補聴器の体験用にご利用いただくことも大歓迎です。

オーダーメイドの「耳あな型補聴器」はお試しいただけませんが、このレンタル制度で使用する「耳あな型補聴器」は、耳の中に入れる先端部分(耳せん)のパーツ交換が可能です。

 

お客様のお耳の大きさ、形状、聴力の状態、装用感に合わせて10種類以上の部品から、お客様に最適な物をイタガキスタッフがお選びしますのでご安心ください。

「オーダーメイド 耳あな型補聴器」ではお客様自身の声の“こもり感”に困っていた方が、この補聴器で部品交換をして、最適な装用感をが見つかった時に「こっちの方が良い」とおっしゃった方もいらっしゃいました。

 

 

●今だけ「耳あな型補聴器」にしたい

●補聴器が必要だけどいきなり高価なお金をかけるのは心配

●買い替えの検討材料にしたい

 

といった、さまざまな理由でご利用になる方が増えています。

 

 

気になるお値段は・・・

 

気になるレンタル料金は、1か月のレンタル料金が1台3,000円(税込3,300円)~で、3か月、6か月、1年の3つのレンタル期間を設けています。

 

レンタル期間終了後、補聴器の購入を希望されるお客様にはレンタル料金の半分をご返金していますので、購入の検討材料にしても良いですね。

レンタル補聴器のグレードは2種類用意していますので、使用環境とご予算に合わせてお決めください。

 

こちらのレンタルは、現在お申込みした当日のお受け取りができません。レンタルをスタートしたい日の3・4日前に店頭で申込していただくことをおすすめいたします。

 

また「実際の補聴器を見てみたい」「レンタル対象の補聴器を試聴してみたい」といったお客様も大歓迎です。お気軽にお声がけください。

 

【メリット】

  • 気軽に「耳あな型補聴器」を試すことができる
  • 『マスク生活』の今だけ耳あな型補聴器を使うという方法も
  • 3カ月で9,000円(税込9,900円)~と低価格なので気軽
  • 6カ月、1年と長期レンタルの選択もできる

 

【デメリット】

  • 申し込んだ当日にお受け取りができない
  • 一部の店舗のみで受付可能

最後に・・・

 

さて、いかがでしたか?

 

補聴器のレンタルを上手に活用して、ご自身に合った納得の補聴器選びをしてみませんか。このコラムを参考に、ぜひ、お近くのメガネ・補聴器の板垣でお気軽にご相談くださいませ。

 

スタッフ一同「もっともっと補聴器を身近なものに」を合言葉に、親身になってご相談承ります。