メガネのイタガキ > 遠近両用メガネ

遠近両用メガネって何?

加齢により、新聞や本を読む時など、近くのものがだんだん見づらくなる老眼。老眼鏡をかけると見やすくなりますが、老眼鏡は近くにだけピントが合うように作られていますので、かけたまま遠くを見るとぼやけてしまいます。

ですから、日常の生活や遠くのものを見る時にはメガネの掛け替えや掛け外しが必要です。その不便さを解消するのが「遠近両用メガネ」。

つまり「遠近両用メガネ」は、掛け替えや掛け外すことなく近くから遠くまで1本で見ることができるたいへんに便利なメガネです。

一度かけてみるとその便利さがわかります。ここでは、「遠近両用メガネ」をはじめ、「中近両用メガネ」、「近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)」など、さまざまなタイプの便利な「両用メガネ(多焦点レンズ)」をご案内します。

遠近両用メガネ

遠近両用メガネ_説明図

遠近両用メガネは一枚のレンズの中で、上部の「遠方を見るための度」から下に向かって少しずつ、「中間の距離」、「近方(手元)」と度が変化していきます。遠くから近くまで1本のメガネで見ることができるたいへん便利なメガネです。

ですが、遠近両用メガネは幅広い度数に対応するため、構造上の問題ですが、どうしても構造上左右に歪みが発生する部分ができ、手元の視野ほど狭くなってしまいます。ですから、手元の作業が若干しづらいという問題があります。

中近両用メガネ

中近両用メガネ_説明図

そこで、上記の「遠近両用メガネ」の問題を解決するために作られたのが「中近両用メガネ」です。

中近両用メガネは、室内(中距離)であればピントが合うようにできており、そのまま「近方(手元)」まで見ることができます。つまり室内においては、中近両用メガネを使えば、ほぼメガネの掛け替え、掛け外しが不要になるたいへん便利なメガネです。

ですが、中近両用メガネは遠くを見ることには適しません。ですから屋外に出た時やクルマの運転等には向きません。

近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)

中近両用メガネ_説明図

デスクワークなど、手元の作業の多い方には、「近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)」がおすすめです。

中近両用メガネよりもさらに近い距離、机周りくらいから手元までスムーズに歪みなく見ることができます。

近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)は、掛けたまま外に出たり、室内でも遠くを見ることには不向きです。ですが、パソコン作業の多い方や手芸などの手元作業の多い方にはたいへん便利なメガネです。

遠近・中近・近用ワイド、それぞれの見え方

遠近両用メガネ

遠近両用メガネ_説明図

遠近両用メガネは、手元から室内、そして外出、クルマの運転などすべて1本で対応できるオールマイティなメガネです。ですが、老眼の度数が進むと視野が狭くなりゆがみも出ます。ですから、度が進んできたら、レンズのチェックを行い、性能を上げていく必要があります。

中近両用メガネ

中近両用メガネ_説明図

中近両用メガネは、室内においてはたいへん便利です。家の中での行動、料理、洗濯等の家事など、室内にいる間はこの1本がたいへん助けになります。

近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)

中近両用メガネ_説明図

近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)は、パソコンの画面や、広げた新聞、手芸などの手元作業など、近距離で焦点が刻々と変わる時間においてたいへん便利なメガネです。老眼鏡は、ほぼ手元のみで、少し視線を動かすとぼやけてしまいますが、近用ワイドメガネ(近近両用メガネ)は、机周りくらいまで対応します。長時間のデスクワークや手元作業される方にぜひおすすめしたいメガネです。

よくある質問

最近近くのものが見づらくなってきました。老眼鏡と遠近両用メガネ、どちらを選んだらよいですか?
もちろん老眼鏡を掛ければ、近くのものが見やすくなります。ですが、そのまま顔を上げると周りはぼやけて見えてしまいます。ですから、その都度メガネを外したり、掛けたりしなくてはなりません。その手間を考えると、遠近両用メガネの方が圧倒的に便利です。
遠近両用メガネを検討するタイミングを教えてください。
普段の生活の中で新聞や本、書類等を見る際に見づらさを感じたり、遠ざけて見たりするようになったら老眼が考えられますので、遠近両用メガネをご検討ください。老眼が進んでしまいますと、初めて遠近両用メガネを掛ける際に感じる違和感も大きくなります。できるだけ早いタイミング(老眼が軽いうち)で使っていくことによりスムーズに遠近両用メガネに慣れていきます。
具体的な老眼の症状を教えてください。
基本的には、「近くのものが見づらく」なった状態です。また、暗いところだとものが見えにくい(色が判別しにくくなる)、夕方になると目がしょぼしょぼする、見えにくい(疲れ目によるもの)、パソコンから離れないと画面が見えづらい等を感じましたら、老眼が始まっていると考えられます。
遠近両用メガネは、特定のフレームしか選べないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。現在、遠近両用メガネ用のレンズはかなり薄くなっていますので、フレーム選びの自由度もかなり広いです。お好みのデザインのものを自由にお選びいただけますので、店頭スタッフに気軽に相談してください。
遠近両用メガネは、他の人が見たらわかりますか?
注意深くレンズを見ればわかるかもしれませんが、ほとんど気づかないと思います。
遠近両用メガネをかけると、老眼が進むと言う人がいます。本当ですか?
遠近両用を掛けることで老眼が進むことはありません。遠近両用メガネは、加齢により衰えるピントを合わせる力を補い、近くのものが楽に見えるように設計されています。ですから、裸眼で無理をして細かい文字を見るよりもかえって目の負担を減らすこともできます。肩や首筋のこりが楽になったという声もよく聞きます。どうぞ安心してお使いください。
遠近両用、中近両用、近用ワイド。どのメガネを選んだらよいか迷っています。やはり最初は遠近両用メガネがよいですか?
最初は、遠近両用メガネを選ぶ方が多いです。遠近両用メガネをお使いになって「両用メガネ(多焦点レンズ)」に慣れていただき、その後に用途に応じて、他のタイプを選ばれる方がよろしいと思います。もちろん、最初から中近両用、近用ワイド(近近両用)をお選びになっても構いません。メガネの板垣各店では、具体的に見え方等を説明しながらお客様に最適なレンズをお選びしています。気軽にご相談ください。

大正13年創業 安心と満足 メガネ・補聴器の板垣

© ITAGAKI CO.,LTD. ALL Rights Reserved