言葉の理解度とは
補聴器全品 補聴器全品

聴力レベルが変わることで今までできたことが、できにくくなったりストレスを感じたりする場面が増えてきたら補聴器の装用を検討すると良いと言われています。

 

また、聴覚には危険察知機能とでも呼ぶべき大切な役割があります。

会話・コミュニケーションに限らない環境の音が常に届いていることが重要

環境の音の中に"いつもと違う音"があることを感じ⇒異常や危険の兆候を察知できる条件が整うのです。

 

一人暮らしだから補聴器が要らないのではなく、一人暮らしだからこそ補聴器が大切なのです。

少しでも気になることがあったら、メガネのイタガキにご相談ください。

▲ページの先頭へ