メガネのイタガキ>社会活動

ホットニュース!

世界の子どもにワクチンを!
ペットボトルキャップ運動に協力しました。

2018年2月、認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)17,845個のペットボトルキャップを支援提供しました。今回のこの活動を通じて、世界の子どもたちにワクチンを贈り、130.7kg相当のCO2削減に貢献いたしました。

JCV

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)は、開発途上国の子どもたちにワクチンを贈り、子どもたちの未来を守る活動を行う民間の国際支援団体です。

子どもの笑顔
ワクチン正面並び
ミャンマーポリオワクチン接種

画像提供(3点全て):© JCV

ホットニュース!

今回、ライオンズクラブヘ贈呈したメガネは1,380本です。

2017年10月〜11月にお客様から下取りしたメガネ約2,900本の中からリサイクル可能なものを選別し、調整とクリーニングを施しました。

メガネのイタガキより贈呈したリサイクルメガネは累計4,000本を超え、世界の開発途上国にて視力保護に役立てられています。

ホットニュース!

2017年リサイクルメガネを贈呈!
累計2,800本を超えました。

今回、贈呈させていただきましたメガネは、2016年10月より約1か月間でお客様より下取りや、ご提供していただいたメガネ2,348本の中から、リサイクル可能なメガネを選別、修正、クリーニングをしました1,142本になります。
今回の贈呈で、メガネのイタガキより贈呈しましたリサイクルメガネは累計2,800本を超え、世界の開発途上国にて視力保護に役立てられています。

ホットニュース!

聴こえに関する啓蒙のCSR活動。
映画『聲(こえ)の形』特別試写会を主催。

メガネのイタガキでは、「聴こえ」に関する啓蒙活動を目的としたCSR(企業の社会的責任)活動の一環として、2016年9月10日(土)に伊勢崎市にあるMOVIX伊勢崎にて、映画『聲(こえ)の形』の特別試写会を実施。Web応募と店頭応募で当選した100組200名様を無料招待いたしました。

映画『聲(こえ)の形』は「週刊少年マガジン」に連載されていた漫画が原作のアニメ映画。数々の賞を受賞した話題作です。本作は、聴覚の障害により、いじめを受けるようになった少女と、いじめの中心人物だったのが原因で孤独になっていく少年の交流を軸に描く純愛物語です。

弊社では、障がい者雇用も積極的に推進しており昨年度は法定雇用人数も達成しています。社会的メッセージをテーマにしたこの作品を通じて、地域社会の方々に「聴こえの大切さ・大事さ」を感じていただけると幸いです。

ホットニュース!

2016年熊本地震に対する義援金の寄付について

この度の「2016年熊本地震」により、被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

メガネのイタガキは、4月20日に上毛新聞社「上毛新聞社 熊本地震義援金」に寄託いたしました(日本赤十字社を通して被害にあわれたみなさまの支援に役立てられます)。

弊社店頭に設置した義援金募金箱に募金いただいたみなさま、ご協力ありがとうございました。お客様並びに弊社従業員の募金を合わせて群馬テレビ株式会社様に持参いたしました(日本赤十字社を通して被害にあわれたみなさまの支援に役立てられます)。

ホットニュース!

メガネのイタガキは、『フェルメール 光の王国展 in TAKASAKI 』協賛企業として参加しています。

フェルメール 光の王国展 in TAKASAKI

ホットニュース!

不要になったメガネをもう一度役立てる!
リサイクルメガネを贈呈しました

2016年1月18日、玉村町ライオンズクラブ様にて「メガネ贈呈式」を行いました。
贈呈したメガネは1700本
以前実施した「メガネ下取りセール」にて、皆さまから下取りしたたくさんのメガネを対象にリサイクル可能なメガネを選定したものです。

ライオンズクラブを通して世界の開発途上国や災害被災地などに送られて行き、視力保護に貢献します!

ホットニュース!

東日本大震災に被災されました皆さまに対して、心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

イタガキの支援策は下記の通りです。

◎老眼鏡の提供。

◎イタガキと従業員より義援金を拠出しました。

節電のため、節電対策として、店頭ネオン看板や店頭スタンド看板を消灯するほか、店内売場のスポットライトを半減させていただいております。ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

大正13年創業 安心と満足 メガネ・補聴器の板垣

© ITAGAKI CO.,LTD. ALL Rights Reserved